何の為に照度計を使うんですか?

工場や学校、職場や地域で、明るさを数値化する際に必要です。
明るい、暗いを感覚ではなく数字で表す事で客観的なデータとして成立します。

職場環境が暗いと、目が悪くなったり、製造していても失敗をして歩留りが悪くなったりするので、明るさを維持する際に使用されます。
食品工場や製鉄所、ショールームでも使われています。

学校だと、黒板を9等分して明るさの平均値を計測しています。
道路の街灯の明るさを計測したり、太陽光発電の効率を計算する為に工事前に計測したりと、幅広く使用されています。

ティアンドティのLMシリーズは日本製で信頼性が高く、3製品とバリエーションも豊富なので、様々な現場での購入実績があります。

まずは、ご連絡をいただけると、ご用途にマッチした製品とご使用方法を提案させていただきます。